ドワーフの世界『スレイヤーズすぺしゃる24 地底王国の脅威』

神坂一さんのライトノベル『スレイヤーズすぺしゃる24 地底王国の脅威』。富士見ファンタジア文庫より平成17年4月25日に初版が発行されました。『魔の海のほとりにて(前編・後編)』『ゴースト・ライフ(前編・後編)』『地底王国の脅威(前編・後編)』と、書き下ろしで『魔の海のほとりにて』の後日談となる『スレイヤーズすぺりおぉる 今 そこにいる女房』で構成されています。
『魔の海のほとりにて』では、魔界で沈んだ船がたどり着くという場所の発掘作業の手伝いの依頼を受けたリナの姿が描かれています。
『ゴースト・ライフ』では、嫌な男をからかうため、リナとナーガがある女の子と共にゴーストの振りをする姿が描かれています。
『地底王国の脅威』では、ドワーフの世界が描かれています。山奥でリナが見つけた店は、ドワーフがゴブリンやミノタウロス等を相手に武器を売っているお店だった。店長のワーフ曰く見てしまったら口封じに店のバイトをさせるという。すでに店にいたナーガと共にバイトをすることになった。エピレ 250円